(男女別)人生の変容は、どんなふうに起こる?


10年ほど前、「ザ・シフト」というDVDを見て、

印象に残ることがあり、それを当時、書き残していました。

今回、それを加筆修正して、アップしますね。

なにかお役に立つことがありますように。

このDVDは、ウェイン・W・ダイアー博士自らが出演していて、

その教えを、いろんな形で現してくれています。

その中で、特に印象的だったのは、

「人はみんなシフト(人生の転換期)を経験して、

価値観がガラッと変わる時が来る」とダイアー博士が述べていることです。

そして、それが、男性と女性では価値観の変わり方がぜんぜん違うということです。それはデータで裏打ちされているとダイア博士は述べていました。

では、そのシフトを経験したあとの価値観を、

男女別に見ていきましょう。 まず、男性からです。

男性は、転換期までの人生の午前までに大切なものは、

1.富

2.冒険

3.達成感

4.楽しみ

5.尊敬されること

だそうです。

しかし、転換期を経た人生の午後となると、

上位にあげられる価値観はまったく変わります。

1.スピリチュアリティー

2.平安

3.家族

4.神の意志

5.誠実で自分らしくあること なのだそうです。 男性のみなさん、なにか思い当たることはありますか?

そして、

女性は、転換期前は、

1.家族

2.自立

3.キャリア

4.まわりとの調和

5.魅力的であること

だそうで、

1と2の間には、葛藤があるそうです。

転換期後は、

1.成長

2.自尊心

3.スピリチュアリティー

4.幸福

5.許し

ということでした。 それを読んで、私も確かにそうかもな~と感じました。

確かに、私も前半は、家族のことが中心でした。

でも、子どもたちが育った今では、

関心は後半の言葉にシフトしています。

そしてそれと同時に、後半の価値観としてあげらえていた言葉を、

表面的にとらえるのではなく、

しっかり暖めていきたいとも感じました。

そして、私は「家族」という言葉に注目してみました。

女性は、人生の午前にその価値観が入っていて、

男性は、人生の午後にその価値観が入ってきている。

それゆえのカップルのすれ違いも多いのだろうな~と感じました。

ダイアー博士は、決して前半を悪いと言っているわけではありません。

人生の前半にそれを追い求めるのは、

普通のことだし、それによって、磨かれるものがあります。

それと同時に「それだけではない」といった感覚を人生の前半においても知っておくのも、必要なことなのかもしれません。

また、いつまでもシフトを経験しないで、前半にいるということは、

キリがないことだし、いつまでも満たされない感じがするかもしれません。

前半は、冒険や生き方の葛藤を楽しむ。

そして、後半は、エゴを超えた高い視点や深い平安に入っていく、

というマズローの欲求のピラミッドの「自己超越」の世界観とリンクしているように感じました。 そのDVDはこちらです。 (クリックすると、アマゾンのリンクに飛びます)

また、このシフトは、個人だけではなくて、 人類全体にも必要なものではないかと、今、私は感じています。 「もっと、もっと」の価値観ではなくて、 「精神的充足」の価値観へのシフトが、

人類全体にも必要ではないかと感じています。 その視点が得られたことが、 前にこのビデオを紹介したときとの私自身の差だな、

と感じることができました。 それでは、また書きますね。

素敵な日曜日をお過ごしください。

コラム・カテゴリー
 記事一覧
(最新50記事まで)
​アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square