【セッションの流れと、その奥にある考え方】

​外に起こっている出来事の真の意味を知る……

長期間、解決できないことがあったり、

苦しいことがあったりするなら、

自分の「思い込み」をチェックする必要があります。

思い込みというのは、

自分の目についているレンズのようです。

自分ではなかなか気づけません。
(常にそれを通して、世界を見ているからです)

 

自分の目についているレンズに気づくためには、

以下のことが大切です。

「何度も、何度も、起こる同じような外の出来事の真の意味合いを探り、

自分の目についているレンズ(思い込み)を見つけていく」

結局は、

「こんなレンズがついていたんだ!!」

自分で見つけるしかないのです。

自分でレンズを見つけるためには、

自分自身を俯瞰していく力も必要になります。

そして、今の自分を一歩超えていくことも必要になります。

自分自身で、確かにそれをすることはできるのですが、

もし、時間の短縮を図りたいと思うなら、

そういうことの得意なプロのコーチのアシストを借りることも有効です。

「もしかして、こんなレンズをつけてませんか?」

と、物事の意味を深く受け取ることができる人に、

ヒントをもらうことができ、

自分もそれに納得すれば、

物事はスピーディーに展開していきます。

以下が、セッションの流れになります。

【セッションの流れ】

毎回その流れになることもありますし、
何回かを通して、その流れになることもあります。

(具体的なセッションメニューに関しては、

こちらをご覧ください)

1.あなたのハートの声に共感する。

 この段階で私が大切にしていることは……


 ①あなたの存在そのものに純粋な関心と好奇心を寄せます。

 ②あなたの感情を全面的に受容します。

2.現状の肯定的な面にフォーカスし、それを拡大させる。

  あなたの感情を全面的に認めたあとは、

  現状のポジティブな面をまずは認めていきます。

  意識を向けるものは、拡大します。

  まずは、現状の肯定的な面をしっかり把握しましょう。

3.魂の声を聴き分ける。

  あなたが本当に望んでいるものは、なんでしょうか?

  あなたの魂の「小さな、小さな声」に耳を澄まし、
  魂と理性が一致する本当の願いを探り当てていきます。

4.あなたにどんなレンズ(思い込み)がついているかを見つける。

  現状を生み出している、あなたの目についているレンズ(思い込み)を

  純粋な好奇心で見つけていきます。

5.こんなレンズ(思い込み)があるのではありませんか?と、

  あなたに最適なタイミングや、やり方で、問いかける。
 

    ①決してこちらのレンズの押し付けはしません。

  ②あなたの状況やタイミングをしっかり見ます。決して先を急いだりしません。

  ③あなたの可能性にフォーカスします。

6.望む現実を生み出すためのいくつかの見方やヒントを提案。

  決して提案を押し付けるようなことはしません。

  提案に対して、あなたは自由に反応できます。

  だからこそ、こちらも安心して、提案することができます。

  次の3つから、ご自身の対応を選んでみてくださいね。

     ①YES! ~ はい、やってみます。
     ②NO! ~ いやです。やりたくありません。

​     ③逆提案 ~ それはしませんが、これならします。
 


7.あなた自身で、次の行動を選びとっていきます。 
 

  それをコーチは、全面的に応援しながら、見守っていきます!
   ぜひ、その後の行動や、そのときに何を感じたかを伝えてください。

 

  

  ぜひ、変化のきっかけとして、セッションをお使いください。

  変化を実際に起こしていくのは、もちろん、あなたです。

  セッションが、そのきっかけとなれば、こんなにうれしいことはありません。
 


  *以下はセッションのイメージ図です。

【セッションイメージ】