Gradient

Clubhouse

Clubhouse 特別回

ゲストをお呼びして開催した特別回のアーカイブをこちらに掲載しています。

 

 

 

 

 

【4つのライフスタイル】

本日のクラブハウス発信のメインテーマは、これ!

悲観型

出世競争型

快楽型

幸福型

その4つのスタイルは、

楽しみと意義の2軸のマトリックスで表される。

もちろん、幸福型が最高だけど、

時には、悲観型になったり、

快楽型になったり、

出世競争型になったり・・・・・・。

この4つのライフスタイルで自分の今までを振り返ったとき、

また新たな図が浮かび上がる。

そして、確かに、あのときに悲観型になったことにも、

意味があったと思えるようになる。

以前にリアルセミナーでやったときには、

多くの型が、多くの気づきをされていました。

やってあげたいな。ムズムズ。

2021.02.17

ゲスト:

​「ダミータイトル    」

2021.02.17

『ハーバードの人生を変える授業』

第6章「意義を見いだす」

クラブハウス発信の今日のポイントは、

(1)究極の通貨は「幸福」。

「世の中、銭ズラ」「同情するなら金をくれ」の世界観に洗脳

されがちな私たち。

自分にとって、本当に意義あることを見つけよう。

大切なものを、大切にしていこう。

生き方なんて、いろいろある。

経済的な繁栄だけがすべてではない。

(2)ハピネス・ブースター(幸福感増幅行動)の大切さ。

自分の幸福をあげてくれる活動を、日々の中に入れるようにしよう。

大変なときこそ!

「一本のローソクが部屋全体を照らしてくれる」

(3)自分の生活の記録をとって、増やしたいもの、減らしたいものをチェックしてみよう!

2021.02.16

『ハーバードの人生を変える授業』

第5章「仕事への考え方を変える」

①人は、仕事より遊びが好きだとする一方で、

実は、仕事のときによりフローを体験している。

②フローというのは、高い課題と高いスキルをもって、限界まで力を出す状況が必要。

③仕事はつらいものだという思い込みは、もったいない。

④フローの時は、自意識が飛ぶ。

⑤フローの時は、うれしいとかの感情も飛ぶが、フローが終わると、幸福感が増す。

(参考文献:『ハーバードの人生を変える授業』『ポジティブ心理学が一冊でわかる本』)

では、今度は水曜日の朝8時からです!

テーマは、5章「意義を見いだす」

トピックとしては、

・幸せという「究極の通貨」

・ハピネス・ブースター

・行動表を作る