つらい気持ちのときは、どうしたらいい?①

August 26, 2020

 

 

いろんな環境の変化で、つらい思いをされている方も多いと思います。


今日は、ネガティブ感情の扱い方について、考えてみましょう。


ネガティブ感情には、
 

① 日々の出来事で感じるちょっとしたネガティブ感情

② 心の奥にずっと持っているネガティブ感情


の2種類があるように思います。

それぞれのネガティブ感情について、

わけて対処を考えてみましょう。

(ネガティブ感情が悪い、というわけではありません。

ネガティブ感情は、自分を一段とあげてくれるきっかけになったりします。
それについての説明は、また別の機会にゆずるとして、

今回は、自分が「このいやな気持ちをなんとかしたい」と思ったときについて考えてみましょう)

まず今回は、1番目の、日々のちょっとした出来事で感じるネガティブ感情についてです。


日々のちょっとしたことで、ネガティブ感情を感じることなど、よくあります。

でも、その「ちょっとしたネガティブ感情」もほっておくと、ホコリがなかなか取れない汚れのようになるように、めんどうなことになるので、日々のお手入れが必要です。

ほこりに気づいたらふくみたいに、心もこまめにお手入れができるといいなと思っています。

私の例で説明してみましょう。

 

ある日、少しモヤモヤを感じる出来事がありました。
別に誰が悪いというわけではないので、

「モヤっと感じる私、心が狭いな~~」みたいにちょっと思っていました。
これは、一番よくないパターンですね。
「モヤっとしているのに、そのモヤっとしている自分を、自分自身が責める」みたいなのは、一番、心の負担になります。

そこで、お友達と散歩に行ったときに、

「ねぇ、お互いにちょっと『お悩み相談会』みたいなのしない?」と提案をしました。

散歩しながらだと、そんなに深刻な感じにもなりません。

そして、その私の気がかりは、けっこう些細なことだったので、散歩しながら話すのに、ちょうどいいなと思ったのです。

 

私が自分がその時に気になっていることを話すと、友達は、

「しかたがないよ~~。それはそう思っちゃうよね~」と言ってくれました。

 

「そう?よかった」と私。

「別に私が心がちっちゃいわけじゃなかったんだ~~」

 

もちろん、こういう仕事をしていますから、

どんな感情も、思考が否定する必要はないと、ちゃんと理屈ではわかっています。

それでも、頭に心がついてこないときもあります。

 

「つらい」

「いやだ」

「うらやましい」

「さみしい」

「不安だ」

「腹が立つ」

「イライラする」

 

そんなたくさんの心の声。

そんな感情が時にわきあがってくるのが人間です。

「そんなこと思っちゃだめ!」とそれを否定することは、かえってネガティブ感情を強くしてしまいます。

 

 

 

(ポジティブ心理学の旗手タル・ベン・シャハーも、

『ハーバードの人生を変える授業』の中で、

「自分自身が人間であることを許可してください」

と述べています)

 

 

 

 

もし、一緒にお散歩した友達が、こう言ったらどうだったでしょう?

 

「え~~、そんなこと、思ったの~~?!ヘンだよ~~。おかしいよ~~」

 

そうしたら、私は怒って、こう答えたでしょう。

「なんで?しかたがないじゃん、そう思っちゃったんだから!」

 

または、もし、私がもっと自己否定の気持ちが強かったのなら、

「そうなのかな?私ってやっぱり心が狭いのかな・・・・・・」と思っていたかもしれません。

 

悲しいですね。

 

大切なのは、まずどんな感情もありのままに認めること。

いろんな気持ちを持つのが、人間です。

そして、もしできるなら、信頼できる友達や家族に、自分のつらい気持ちについて話せるといいですね。

 

それができないときは、気持ちをノートに書きなぐる、というのもおすすめです。

私も、本当につらかった時期は、白い紙に、何枚も何枚も気持ちを書きなぐったことがあります。

 

ただ気をつけてほしいのは、気持ちをありのままに感じるといっても、誰かに気持ちをぶつけるような行動をするというのとは違います。

そこは、誤解のないようにしてくださいね。

(そのあたり、また、タイミングを見て書きますね)

 

そして、記事を起こしている今、

そのときに何を気かがりしていたかを、

すっかり忘れています。

 

気持ちの応急処置がちゃんとできたので、
そのモヤっとした気持ちは、

ちゃんと消えてしまったようです。

 

 

■自分のベストフレンドになる

 

大事なことは、とにかく、気持ちを否定しないようにしてください。

そして、自分に優しくしてあげてください。

 

「そうか、つらいよね。悲しいよね」と言ってあげてください。

そして、あたたかいお茶でもゆったりと飲んでください。

 

自分自身のベストフレンドになることから始めてみてください。

(②番目のネガティブ感情については、次の記事で書きますね)


 

Please reload

コラム・カテゴリー
Please reload

 記事一覧
(最新50記事まで)

April 8, 2017

Please reload

​アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square